糖尿病の合併症の一つで最悪の場合、失明する患者さんもいます

網膜には、視力に影響を与える神経や無数の細い血管がたくさん張り巡らされており、中心部には視力に直接影響する黄斑部があります。その網膜に起きる糖尿病網膜症は、糖尿病の合併症上の一つで、無症状で進行するため眼科の定期受診で早期発見、治療に努める必要があります。

糖尿病網膜症の初期には、網膜に酸素や栄養を供給している細小血管の脆くなったところに瘤ができて少量の出血があります。そして、血液中のタンパク質や脂肪が血管外に漏れ出して、白い斑点が見られます。眼科の眼底検査で発見できますが、視力にはほとんど影響がなく、自覚症状もありません。

この状態を放置していると、無症状のまま網膜症が進行し、網膜が酸素不足となります。すると、新しい血管(新生血管)ができて不足した酸素を補おうとするのですが、新生血管は脆いため、出血したり、増殖膜の収縮により網膜が引っ張られて網膜はく離を起こすこと恐れがあります。

この段階でレーザー光凝固治療を行えば失明などの大事を避けることができるケースが多いとされていますが、視力が完全に回復せず、中には失明してしまう患者さんもいます。

糖尿病網膜症は、網膜中心部の黄斑部に浮腫や出血がない限り視力障害の訴えはありません。したがって、周辺部の網膜に出血があっても患者さんは自覚症状がありません。初期の段階で糖代謝の改善ができると網膜症が改善される場合があります。

糖尿病網膜症の発症や進行を予防するためには、血糖コントロールと病期に応じた定期的な眼科の受診が欠かせません。内科医との情報交換や、疾患の正しい理解、定期的な受診のために、糖尿病眼学会から無料配布されている糖尿病眼手帳なども活用しましょう。


Copyright (C) 糖尿病の早期発見と合併症の予防ガイド All Rights Reserved.