知覚障害を放置していると、皮膚の潰瘍や壊疽の原因になります

高血糖で神経の毛細血管に障害が起きると、神経障害が発症します。この「糖尿病神経障害」は糖尿病の三大合併症のなかでも患者数が最も多く、しかも一番早くから見られる合併症です。そのため神経障害に気付いて医療機関を受診し、初めて糖尿病と診断されることも珍しくありません。

神経には、手足を動かす運動神経と、熱い、冷たい、痛いなどの感覚を知覚する知覚神経、内臓や血液などの働きを調節する自律神経の三つがありますが、糖尿病の人が障害を受けやすいのは、知覚神経と自律神経となっています。

糖尿病になって最初に感じるのは、手足の傷みや痺れ、ジンジンするといった感覚です。神経痛のような痛みを感じる人もいます。痛みは左右対称、同時に現れ、特に夜になる症状が増すという特徴があります。

この段階で治療を開始しないと、知覚が麻痺して、症状を感じなくなってしまいます。そうなると靴擦れや股擦れ、傷、火傷などに気がつかずに放置してしまうことになりかねません。糖尿病は感染を起こしやすく、毛細血管に障害があることが多いため傷が治りにくく、潰瘍や壊疽を起こす危険があります。

自律神経に異常が起きると、こむら返り、発汗異常、立ちくらみ、便通障害(下痢と便秘の繰り返し)、膀胱の収縮が鈍くなり尿が出きらないなどの膀胱障害、勃起障害といった症状が現れます。

治療には血糖の良好なコントロールが欠かせません。良好な血糖値をキープできれば、不快な近く症状は半年から1年で改善されます。生活上の注意としては、できるだけ飲酒を控えるようにします。

対症療法としては、マッサージや散歩、保温、時には女性用のストッキングを着用することで改善されることもあります。痛みの多くは、保温で和らぎますが、中には冷やしたほうが効果的なものもあります。夜、寝る時につめたい布団との接触や夜間の冷えによって、痛みや痺れが現れる場合には、靴下を履くなどの保温が効果的です。


Copyright (C) 糖尿病の早期発見と合併症の予防ガイド All Rights Reserved.